FC2ブログ

豪雨

今回の豪雨で亡くなられた方やその関係者の方々
被災され住む家をなくされた多くの方々
心よりお悔み申し上げますとともに
亡くなられました方にはご冥福を御祈りいたします。

皮肉にも昨日梅雨が明け、空には綺麗な青が広がっています。



街づくりを行政(役人)がやる以上
このような惨禍を生んだ構造上の問題は
彼らに責任の一旦があるのですが、、、
 
※久留米市内に限って云えば、河川の周りは江戸時代に堤防を作る前は毎年氾濫し川はそのたびに蛇行し流れを変えていたところであり、今回浸水した久留米インター付近など元来田んぼだったところに盛り土をすることなく同じレベルにバイパスを通したわけであります。
田んぼだったところに街を造り家や商業施設を建てたわけなのです。
(売買して開発したのは行政でなく地主と不動産屋さんでしょうが)
しかしながら基準を決めるのは役人の仕事です。


経験したことのない・・・記憶にない・・・
想像を超えた雨量ではあったにせよ、それを想定して街づくりをしない人たちに我々の命を任せていると考えると恐ろしくてたまらないのです。


幸いにして私が住む街は高良山へ続く緩やかな傾斜が始まるあたりで河川部よりは10mほど高くなっていて被害はありませんでした。



ネットでは気象兵器や人工地震など日本の常識では信じがたい記事を見かけますが、嘘か真か我々日本人には判断出来かねる部分ではあります。しかし報道のされ方を見るにつけ何か末恐ろしい事が着実にでも普通を装い進行しているのではないか?と勘ぐってしまうのも何ら的外れではないような気がします。




関連記事

COMMENT 0