FC2ブログ

古い歴史の街


この写真を見ただけでどこの街なのか分かる人は少なかろうなぁ

170220_01吉井の川 

街の中に川がいくつも流れていて、、、


170220_02川 


路地を歩けばこんな昭和な建物にも出会えて

170220_04アパートと自転車 


170220_03昭和なアパート 




こころ落ち着く街並み

170220_05吉井街並み 


昔の賑わいを想像してみたり、、、


170220_06街並み 


170220_07川その2 






立派な建物だこと、、、

170220_08街並み 

『上野米穀商』とある

当時この街の盛華が見えてくる。
お隣の天領だった街より栄えていたのかもしれない。





そーこー歩いていると目的の店が見えてきた

170220_09ペルー軒外 



25歳前後の頃以来なので35年ぶりだ

黒船のペリーとは違う。
南米のペルーなのである。

インカ帝国のペルーであり
スペインに滅ぼされたペルーなのである。

170220_10ペルー軒入り口 

マチュピチュのペルーであり
ナスカの地上絵のペルーである。

フジモリ大統領のペルー、、、

しつこいのでこのくらいにしてっと






ゆで玉子が一個10円
がしかし、二個食べると100円

170220_11ゆでたまご 



すごく良心的な価格です

170220_12壁のメニュー 

 
11時をすこし回った頃だったが
4つあるテーブルは満席でカウンターにも3名。
地元の方々らしき人々で大賑わいだ


ヤワ麺でお願いした。

170220_13ラーメン 

170220_14ラーメン 




不思議なモノが隠れていた

170220_15玉子焼き 

どう見ても薄い玉子焼き
食べてみたけど玉子焼き

コレ実は玉子焼きではなくペルー焼きというものか?

ん〜〜どういう意図なんかな〜
屋号に纏わる深い歴史的関係があるのかなぁ



吉井町の『南米ペルー軒』さんの話でした。







関連記事

COMMENT 4

らぽん  2017, 02. 21 [Tue] 03:48

ペルー軒:昔は写真のお隣と同じ間口の広い平屋のお店だったように記憶していますが、こんなモダンな3階建てに? 25~年前に「吉井町全体ひな祭り」イベントで行って以来です。なつかし。

Edit | Reply | 

TARZAN  2017, 02. 21 [Tue] 05:59

To らぽんさん

らぽんさん、コメントありがとうございます。
やはりそうでしたか、、、私も違和感ありつつ暖簾をくぐりました。
味自体は覚えているわけもなく、地元の年配者が云われるには
「昔に比べたら薄くなった」だそうです。
しかし半世紀近く続く地元に根付いたこの手の店は
長く続いていって欲しいものですよね。

Edit | Reply | 

たに  2017, 02. 21 [Tue] 09:11

おはようございます。

上野米穀ってのでピンときました!

ペルー軒の由来は先代の大将(現在は息子が大将)の父がペルーに行ってたから的な事だったはずです。

中学の時の友達の家なんですが、やはり彼のあだ名は『ペルー』でした。しかも兄弟揃ってあだ名がペルー(笑)

 立派な建物になってますよね。小・中学生の頃は夏の祇園祭りの際、必ずペルー軒へ立ち寄り100円で大盛りなかき氷を食べたものです。懐かしい・・・。

 麺は、大盛りラーメンを頼むと伸びまくって大変なのです。基本で結構柔かった印象です。スープは、ちと薄味でしょっぱい塩梅ではないですか?
味うんぬんと言うより、なぜか急に食べたくなってしまいます。

 ペルーはスペインに滅ぼされたんですね、知りませんでした~


Edit | Reply | 

TARZAN  2017, 02. 22 [Wed] 08:45

To たにさん

たにさん毎度です!コメントありがとうございます。

、、、ってことは先代のまた先代が南米移住組なのでしょうね。
ウチのご先祖様も南米(ブラジル)移住者がいるらしいです。
あの頃の日本人の勇気に感謝です。

ラーメンはとてもシンプルでおいしかったですよ。

しかしアダナがペルーってのもかわいそうですね〜。
そういや小学時代、ラーメン屋の息子がいましたが
そいつはそのまま「ラーメン」ってアダナでしたなぁ。


ヨーロッパの大航海時代は他地域からすれば
「大侵略時代」「大虐殺時代」なわけでありまして
南米でもかなりの虐殺が行われたみたいですね。
まぁアメリカもオーストラリアも
元を正せば原住民殺しまくってますからね。
何が新大陸発見かっちゅうの!(怒)
やつらの書いた歴史に惑わされてはいけませぬ!

Edit | Reply |