FC2ブログ

糸島から六本松


原油価格が大幅に値を下げている。
灯油が一缶700円台になり喜ぶカミさん。

こうなりゃどんどん使うもんね〜(女性は現実的だ)

何年前だったか一缶2000円近くしてた事を思えば
使い放題燃やし放題の感覚になってもおかしくない。

ただ不思議なのは
原油価格高騰のため(と云う理由で)簡単に値上げした電気代をはじめとするいろんなモノたちの「値下げ」が聞こえてこないのは何故なんでしょうかねぇ?



○△▼□☆★○△▼♪□☆★○△▼□☆★○



昨年7月から借りていたスピーカーの返却に糸島方面へ。

その前に長住で持ち主をピックアップし目指すは「ふくちゃん」
2年ぶりなので心は高ぶるたかぶる


13時過ぎだというのに店内満席で外で10分近く待たされた。
大人気店なのであるな・・・。

160129_01ふくちゃん

前回の出来たてのスープと比べるのは失礼かもですが
やっぱ前回の出来たては サラッとマイルド系
今回の昼過ぎのモノは ドロッとワイルド系
どちらも好みのスープで最高ランキンググループだ。

焼きめしをふたりでひとつ。
麺のプリプリ感を味わいたく珍しく替え玉入りました(^^;)

食い過ぎたかなぁ〜と心配したが
糸島へ向かう車中お腹も口中もスッキリ爽やか。
やはりここはモノホンだ。


ちなみに食べて外に出たら待ち人が増えてました。
いやはやすごい人気店ですなぁ・・・。






クイーンズヒルGCの南。
山の傾斜に元鶏舎を(シャレではない)利用して広がる倉庫たち。
その一画に彼の倉庫はありました。

160129_03C-Curveプレート


片付けベタの見本みたいな倉庫には、、、(ゴメンなさい)

160129_02c-curve内

彼がこれまでに集めた&作った
あんなモノやこんなモノが
所狭しとワンサカわんさか
あるある、、、

伺った日が悪かったのでしょう
数日前からの雪と低温に塩ビ管が割れてしまい
奥の窓の上の部分から冷たい水がドバドバ落ちる
そこに蛇口でもあるの?くらい落ちる落ちる落ちてくる。

応急処置をして倉庫を後にした。
(私は見てただけ、何もしてません・笑)



彼が若かりし頃過ごしたという六本松界隈へ向かった。

160129_04大春


学生運動華やかかり時代にオープンしたという「太春」

まずは酢モツにBEERで乾杯。

160129_05酢モツ


丸腸だけではなく本当にモツ各種入ったモツ鍋。

・食べかけでで失礼(>_<)
160129_06モツ鍋

醤油のかんじがすこぶる良い。

そして笑顔のステキな優しい大将!


あーだこーだで時間は過ぎて、、、
向かったのは路地をクネクネ歩くこと2分

ありました〜昭和の世界!

160129_08チョンの間カラー


モノクロが雰囲気伝わるかも?

160129_07チョンの間建物


この建物はいわゆる特飲街系の建物で、、、
特飲街なんて云っても若い人達には何のことやらでしょうが
簡単に云うと赤線(もしくは青線)という怪しげな場所で
○○○○担当の女性といやらしい事をする場所なんですなぁ。
一階の飲み屋(と云う名の待合部屋)で順番がきたら二階へあがり
チョチョっと○○○○が出来るというところなのであります。
俗称「ちょんの間」というらしいのであります。
※○○○○はトランプの事です(^^;)  赤と青の違いは自分で調べてね!


一番端っこにある「一平」さんの暖簾をくぐる。

160129_09一平


元お好み焼き屋さんだったらしく鉄板が良い感じ。
しかし諸事情によりお好み焼きは作らないらしい。

160129_10一平



天国への階段。

160129_15階段

幾人の男達が、、、。



二棟ある建物の真ん中の路地。

160129_11路地




隣の建物にあるBARへ移動してアイリッシュな酒をいただく

160129_12Teeling.jpg


160129_13oilsarden.jpg


初めて呑んだアイリッシュウィスキー。
なんだなんだ!うまいじゃないか〜
スコッチより好きだな。


160129_14teeling2.jpg




このあとまた一軒BARに寄ったり
帰るかとみせかけて深夜食堂でおでん食ったり


いやはやホンマよく呑みました〜


六本松で呑むのは初めての事でしたが
戦後の福岡市をちょっと覗き見した感と
九大移転後の変わりつつある現在の姿とが
想い出も思い入れもまるで無い街なのに
当然のように「どうするの?」と問われているみたいで
それはそのまま戦後の日本の姿なのかもしれません。



お世話になったC-Curveのクラぽんありがとう!
次はぜひ久留米で呑みませうね。




関連記事

COMMENT 0