FC2ブログ

A氏の事



写真はElectroVoice社のRE20というマイクロフォン

150821_01EV.jpg


コンデンサーマイクに一番近いダイナミックマイク。
以前勤めていたところでは頻繁に使っていたが
如何せん高いのである。
1970年に発売された時の値段は為替レートの関係で15万越え。
2015年の今では5万円くらいで買えるようになったが定価ではやはり9万円前後。
高いのである。
憧れだったのである。

そんなこいつがひょんなことから手元にやってきたのだ。
それも二本(^_^)v



20年ほど前、今のようにネットでポチッと買い物なんて夢の時代。
まだインターネットが普及する以前の事。

プロ用音響機材を扱ってるところは都会にしかなく
独立間もない私を相手にしてくれるわけもなく

そう云えば久留米にも
キャノン(マイクコネクター)やカナレ(ケーブル)を
扱っているおっちゃんがいたよなぁ、、、
と、A氏の事を思い出したのである。

それから10年ほど細かい部品から大きな機材まで
相談にのってくれたし何度となくお世話になった。


ここ10年ほどまったくお付き合いしてなかったのだが
先日お祭り現場で2月に亡くなられた事を知る。

昭和一桁生まれのA氏は機材収集家でもあったので
自宅の4部屋ほど機材であふれかえっていて足の踏み場もないという
快適な生活を望む奥様から「機材の処分」を任されたのである。


そんなこんなでとりあえず遺影に手を合わせに行き
どんな状況なのか実地検分してきたのだが
G氏とふたりでやるには有り余る量と種類
出直すことを伝え帰ってきたのだが
その時にいただいてきたのがコイツってわけです。

説明が長い<(_ _)>



このスピーカーで音楽聴きながら旅立たれたそうです。

150821_08Mantalay.jpg


とても幸せな人生だったのではないかと思います。

謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。

合掌・・・




A氏はブリジストンと共に歩まれて来られた方で
BS久留米工場をはじめ世界中のBS工場のセンサーを
オリジナルで作り続けた人。
またPAの世界でも草創期から関わってこられた人で
まだ会館の機材でショーをやっていた時代に
オリジナルのスピーカーを作られ
美空ひばりさんの九州ツアーなどにも同行されたり
石橋文化ホールの立ち上げにも深く関わられた方
僕らの世界の大先輩でもありました。







関連記事

COMMENT 0