FC2ブログ

梅雨の関西「繁昌亭へ」その壱


井山くんが繁昌亭に出るというので観に行った。

歌謡漫談<れ・みれざぶるず>

150626_07出演者


それまでの落語から別な出し物へ変わる
色合いが変わるので「色モノ」と云う
赤文字は落語ではない出し物という意味合い

上段が昼席で下段が夜席






新幹線で2時間半。
久留米からだと乗り換え時間含めて2時間50分だ。

10時45分に新大阪着。
昼メシに井山くんオススメの天満の「つる家」へ。


150626_01つる家外観



まずはどて焼で一杯。

150626_03どて焼

どて焼250円 ビール380円


150626_04とんちゃん


150626_05焼きそば




150626_02豚玉



何がオススメかと云えば値段のリーズナブルさ。

有名店だと豚玉が800円とか850円。
ココはな〜〜んと650円!
もちろん味はとてもGOOD!
ソースが果物系の甘さでこれまた良!







大阪天満宮へお参りし
れ・みれざぶるずの好演を祈る

150626_12天満宮


繁昌亭は天満宮の敷地内にある(奥が天満宮)

150626_06繁昌亭



座席は1階2階合わせて216席。
演者との近さもココの醍醐味である。

150626_20客席




仲入り後登場のおふたり

150626_11高座

ホントは撮影禁止なんですが身内ってことで(^^;)




終わって近くの一杯飲み屋でおつかれさん。
リピートさんゴチになりました<(_ _)>



そして向かったのはタケちゃんQちゃんが待つ天満界隈。



日本一長いというアーケードを歩くこと15分

150626_14AKD.jpg



150626_15AKD.jpg




150626_16路地



150626_17路地


井戸端会議のおばちゃんがいたり・・・

150626_18おばちゃん



150626_19路地



辿り着いたのはココ。

150626_13寅蔵


女将さんの母上が佐賀県三養基郡の出身だという店。

綾部のぼたもち話で盛り上がる

150626_08茄子


150626_09鰯刺し



九州では「〆鯖」関西では「きずし」

150626_10きずし



梅雨の関西「繁昌亭へ」
初日の夜は更けていくのでありました、、、。



関連記事

COMMENT 0