FC2ブログ

山鹿市


山鹿市の八千代座へ打ち合わせで行ってきた。

八千代座は飯塚の嘉穂劇場と同じく
明治時代に建てられた芝居小屋で
かなり老朽化が進んでいたが
3年の月日を費やし平成の大修理が行われ
8年ほど前に見事復活したとのこと。


150411_01八千代座




150411_02八千代座左から




150411_03扉



見学のお客さんたち

150411_04客席から舞台


天井のシャンデリアは写真から復元されたもので
もちろん特注品らしく、金額はナント七百万円!

150411_05天井と枡席


下手袖

150411_06下手袖


嘉穂劇場と基本的なデザインは同じだが
全体的にこちらがコンパクトなつくりで
PAナシでも十分機能していた事が想像出来る

150411_07廊下から客席


150411_08二階席から


150411_09エントランス


回り舞台は当時のままでちゃんと動くとのこと。

150411_10回り舞台機構



時間があったので街を散歩がてら歩いてみた


150411_13_1豊前街道



150411_12街並1


150411_11灯籠歴史館


150411_20歴史館路地




150411_13街並2


さすが温泉の街

150411_14足湯


菊地へ向かう往還沿いには市営の温泉「さくら湯」


150411_15さくら湯


実はここに浸るのも目的であった(^^;)

150411_16さくら湯入り口



150411_17さくら湯横から



江戸時代から続く歴史ある温泉


150411_18昔のさくら湯



150411_19昔の湯船


よく見ると太っている人がいないのである

やはり欧米の食生活ってのは
日本人に合ってなかったのだろうな。

などと明治に思いを馳せながら
自分のお腹周りを恨めしく眺める
ちょっと寒い 春の夜明け前なのである





山鹿温泉の話でありました・・・。




関連記事

COMMENT 0