FC2ブログ

台湾旅行(3)


台湾のバイクの多さは初回にも書いたが
交差点でのバイクの停車位置が面白かった

150125_01バイク軍団


交差点の停止線がある一番前にはバイク専用エリアがあり
そこに停車中の車をすり抜けてバイク軍団が陣取るのだ


150125_02バイク軍団2


バイクと云ってもスクーターが99%。
日本製かと思ったがほとんどが自国製らしい。
信号が青に変わる前からジワジワと進み出し
変わった瞬間バイク軍団は彼方へ走り去る
それを追うようにゆるりと車が発進していく。
車もバイクもみんな気合いが入っていて気持ちの良い光景だ。
日本みたいにグズグズしているドライバーなど皆無。




泊まっていたホテル<六福客桟談天閣>LeoFooHotel

150125_03LeoFooホテル




最終日はちょっとだけ市内観光をして免税店で買い物して飛行場という予定。


圓山大飯店という台北のランドマーク的ホテル。
だから何だっちゅうの?

150125_04圓山大飯店



帰って調べたら日本時代に台湾神宮があったところだった。
まぁ秀吉が大阪城を建てたのとよく似た感覚なのかもね。
しかしツアーガイドの張さんは神宮には一言も触れなかったよなぁ


150125_05ホール階段


150125_06外観


150125_07エントランス


しかしこいつらデカい建物好きだねぇ・・・





<故宮博物館>

150125_10故宮博物館


自分らが本当の中国(中華民国)だと云いたいのでしょう。
展示しているモノは1300年以降の工芸品がほとんど。
あれ、中国4000年の歴史はどうしたのだろう?






隣にある「忠烈祠」
ココも日本時代には護国神社だったところ。
これも張さん説明しなかったよなぁ

150125_08忠烈祠


150125_09忠烈祠









最後の昼メシは「梅子餐廳」にて・・・

どど〜んといきますよ〜

<角煮>
150125_14角煮


<イカ団子>
150125_15海老天ぷら

<不明>
150125_16不明


<鱸の蒸したの>
150125_17鱸


<団子スープ>
150125_18Soup.jpg


<菜圃蛋>
オムレツみたいなもの・・・
150125_19不明


<エビチリ>
150125_20エビチリ


<炒飯・手前は牡蠣料理>
150125_21炒飯

牡蠣料理は食中りが恐かったので食べずじまい。


他にもレタスを炒めたヤツとかいろいろありましたが
料理が出てくるタイミングというか間隔が早いのなんの
俺らは家畜か!というくらいで
早く食って早く帰れ!無言の圧力を感じました。
国民性の違いなんでしょうかね。

お味のほうはザッとしてて油多し!
炒飯なんてご飯が油まみれで皿の下には大量の油でした(笑)
ただ客の7〜8割が日本人だということで
味付けはまったく日本的で安心して食べられました(^_^)


店の前の通り。
ビジネス街なのかここいらのビルは新しかった。

150125_22街並み








最後に、感心したのは台北市内を走る路線バス。


150125_11BUSSTOP.jpg


道路の中央にバスストップがある。
日本で云えば路面電車みたいなかんじ。

150125_13BusStop.jpg


これがなかなかスムーズ
路上駐車の車が邪魔になることもなく
ストレス無く運行している。

市内を走るクルマやバイクも
制限速度ないの?ってくらい飛ばしてますが
事故が多発しているようにも見えませんでした。

社会のルール自体が日本と違うようで
役人が決めたことに従うではなく
自己責任の中で秩序が保たれているようで
明らかに大陸の漢民族とは違うものを感じた。


何だか日本人より逞しいような
活気溢れる自立した人間が生きる街
100年前の日本人ってもしかしたら
こんな感じだったのかもしれませんね。




と云うことで第1回 台湾台北への旅(完)



関連記事

COMMENT 0