FC2ブログ

木村屋うどんよさらば!


大好きだったSF作家「平井和正」さんが他界されたらしい
平井さんは「エイトマン」の原作者であるのだが
若い人にはエイトマンと云っても分からないだろうね
平井和正Wikipedia


若い頃に彼の作品はほとんど読んだなぁ
しかし思ってない方向へ向かい始めた
幻魔大戦シリーズの途中から読まなくなったが
サイボーグシリーズ・ウルフガイシリーズ
その他諸々、、、読んだ読んだ!


<・・・心よりご冥福をお祈りいたします・・・>


しかし今思えば若い頃は紙の活字をよく読んでた
最近はiphoneの電子書籍「豊平文庫(青空文庫のiphone版)」を重宝している
アプリは有料だが著作権の切れた本が解放されていて
現在13000作品近くの書籍が電子化されている。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞




前回の記事にも書いたが・・・
久留米荘移転先のうどん屋さん
木村屋うどんさんの話



木村屋うどんが1月19日で閉店というので
さてどんな味だったか確認に行ってみた。
最後に食べたのがいつだったか記憶にない
まぁココはこれまでに2度食ったくらいなので
記憶も何もあったもんじゃないのであるが



貼り紙があった・・・


150117_01木村屋貼り紙


こんなに歴史があったんだ(知らなかった)
昭和59年と云えば1984年なのである
こんな私もまだまだ若造だった頃ではないか

あの頃、うどんと云えば久留米荘か三九郎
それに鳥栖のみの屋くらいなもんだった
(※みの屋は昭和58年に久留米に進出)





食券制になってた(知らなかった)

150117_02券売機

大人気『くるめうどん』と貼り紙があるが
内容を書いてないので押すのをためらった




席に着くと女性店員さん(若者)が
混み合ってますので15分ほどかかりますがよろしいですか?と。
ダメだ!っても食券買ってますからね(-_-)



で、5〜6分で出来上がりの「丸天蕎麦」
早かったじゃないのよ

150117_03丸天そば

よく見ると閉店に備えてなのか
作る人1名&ホール係2名
お客さんは30名弱ってところか
何のことはない時間がかかるのは
人手が足りてないだけのことじゃないか(笑)


同伴者の「カツ丼+ミニうどん」

150117_04うどんとカツ丼

このカツ丼がすごかった
最初は甘いだけかと思って咀嚼してたら何かがおかしい
噛めば噛むほど甘味の奥からわき出してくるものがある
衣に洋菓子みたいな味が付いているのだ

たぶん隣の製パン用の何かを使っているのだろうが
目の認識ではカツ丼食っているのに
口の中では不明な甘味料がプラスされて
想像を超えた未経験の感覚に支配されるのだ


凄いぞ木村屋!
しかしこのカツ丼も明日で食べられなくなるのである


「木村屋うどん」さんの話でした



関連記事

COMMENT 2

たに  2015, 01. 19 [Mon] 09:07

No title

おはようございます。

カツ丼、甘かったですか。やはりパン粉はお隣で出来た副産物のパン粉なんでしょうか?まぃ、カツ丼って若干甘い味付け多いでしょうから、それに衣の甘みが拍車をかけたと言った感じなんですねぇ~。
 肝心なうどんはどうだったんでしょうか・・・?


あ、マジンガーですか(笑)マジ?と使う時にこっちを使ってください!するとどうでしょう、話の腰を折る程のダメージを相手に与える事が出来るorややウケされるかの諸刃の言葉に(爆)

Edit | Reply | 

TARZAN  2015, 01. 20 [Tue] 10:46

No title

たにさん、まいどです!

甘いというか何か洋菓子を食ってる変な甘さです。
あれはちょっといただけなかった・・・
ただもう閉店してしまったので食べる事はできないんですけどね。

マジンガー
若者言葉ですな<(_ _)>

Edit | Reply |