FC2ブログ

NSP中村貴之


俺ら世代だと「さよなら」はNSPと相場が決まっている

ちょっと若い人達になるとオフコースの小田さんの
高〜い甘〜い声で「♪さよなら〜っ さよなら〜っ」となる


でも我々年代はちょっと暗めの真面目な声で

♪さ〜よ〜〜 なら〜 さ〜よ〜な〜ら〜〜

このようになるのが正しいのである

♪やけにぃ真っ白な雪がふわふわ〜なのである



そのNSPのボーカルであった天野さんが亡くなって久しい

物事を側面からとらえた詩の世界と
木訥とした唄い回しと切ないばかりの声
NSPと云えば天野さんの世界観
それがNSPではないのか・・・
そう思っていたのであるが


<リハーサル中>
141103_01中村貴之RH
<ギターサポートは若手の円山氏>


3人組。
しかし天野さん以外の名前すら知らなかった

中村(AG+コーラス)さんと平賀(ベース+コーラス)さん
このふたりを加えてNSPなのであるが知らなかったのは仕方ない


NSPを1985年に脱退し、数年間はソロ活動をやっていたものの
2002年にNSP再結成するまでの10数年間をサラリーマンで過ごす
これから・・・という2005年 天野氏が他界してしまう
悩んだ挙げ句、2007年からソロ活動を始められたという


中村貴之さん よかったです
NSPのテイストはしっかりありました
これがバンドってものなのでしょうね

「スリーハンサムズ」早く聴きたくなりました。



根強いファンはいらっしゃるようで
この日は60数名のお客さんで盛り上がりました

141103_02本番中




141103_00stage周り



141103_08stage全景



ずっと使われているというオカリナ
「夕暮れ時はさびしそう」のイントロはコレです

141103_07オカリナ



亡くなられた天野氏の意志も含めて
この先の事を決められた事と思うが

音楽が持つ普遍性と独自性
そして公共性と独占欲

いろんな事を想いながら
中村さんの人生に天野滋氏を感じたのである


また逢いたい人が増えました。


関連記事

COMMENT 4

たに  2014, 11. 09 [Sun] 18:59

ちょっと若い…

34才の僕的にも『さよなら~』となると小田和正さんになります(笑)

この方達、知りません(^_^;)

亡くなったり、メンバー脱退等で編成が変わった時からバンドが一気に変わる事ありますよね。自分はインディーズのロックバンドとかよく聴いてたんでそのような場面に何度も遭遇しました。特にヴォーカルはもう全く別のバンドの曲を聞いてるかと思う程の影響がありますよね。

先日の久留米街かど音楽祭も結局子供の学校の行事で行く事が出来ませんでした(泣)伊藤祥平さんやカニカピラ、風味堂なんかも来てたのに…最近全く行けてないので寂しい限りです。

Edit | Reply | 

TARZAN  2014, 11. 11 [Tue] 21:25

若い方には・・・

たにさま

さすがにNSPを知ってる30代はいませんよねぇ〜

そういう意味ではオフコースやアリス、中島みゆきなど
長い年月一線で活躍できてる人達ってすごいですよね

Edit | Reply | 

pirolin  2014, 11. 13 [Thu] 06:18

早朝覚醒。。。

僕は「さよなら」はオフコースですよw

NSPってあったよな~~
ささっとニュー・サディスティック・ピンクに変換されるのが悲しす、、
全く興味なかったのになぁ・・

どんな曲だったかググッてみたら、
「さようなら」みたいですよw
恨みます妬みますその他もろもろ・・みたいな暗~い歌ですねー
やっぱNSPはないわww

何でも元はロックグループだったとか…
サディスティックミカバンドとかピンクフロイドあたりからパクッたのか?

それがあっさりフォークバンドになれちゃうってのが凄いですね。。
いまわの人は逆でしたが…さなえちゃんって書いたのにw

Edit | Reply | 

TARZAN  2014, 11. 13 [Thu] 16:52

ですです

そうです、ニューサディスティックピンク。
始まりはロックバンド。
デビュー後もロックっぽい曲もありますね。
暗めの曲も多いのは確かですが
聴くだけであの時代に戻れます。
The70年代です。
当時の恋愛と密接に絡んでいます。
胸がきゅんとなるのです(笑)

Edit | Reply |