FC2ブログ

茶処 真壁ちな〜


ちな〜


真壁の集落の入り込んだ路地にある沖縄そば屋さん

真壁はこのあたりだ(ココ

ストリートビューでも見られるので
ぜひ昔ながらの路地の感じを体感してほしい


141028_11屋根と空



明治24年建造


141028_01ちな〜外観




141028_10入り口




141028_02店内





141028_03店内




歴史が書いてあった・・・

ふむふむ


141028_04歴史



へぇ〜、ちな〜とは喜納のことだったのか
喜納さんは名字じゃなかったんだ・・・


141028_05屋号




もうここへは何年通っているだろうか

いつきても落ち着くところだ



<そば(小)420円>

141028_06そば小




<そば(中)570円>

141028_08そば並




ジューシー(210円)もいってみた

141028_09ジューシー



141028_07そば中とジューシー





ただ残念なのは流行るとお高いってこと
観光地化されたところはどこも同じような金額
これで570円+210円(計780円)だ
地元民はこんなお金出して食べないだろうな

セットになると1000円ちかい


そして麺は相変わらず「ボソボソ」

沖縄の人達はこういう感じが好きなのでしょうかね?

芯が残ったボソボソ感っちゅうか
粉感と云いますか・・・
今ひとつ麺そのものの食感が味わえない

沖縄そばという確立された歴史ある食べ物だから
昔から食べ継がれてきたポイントがあるはずだ
絶対的な「何か」があると思うのだ


昔はこうじゃなかった
そんな声が聞こえてきそうな
真壁の路地にある「ちな〜」さんでした







実は今回のお目当ては八重瀬にある
「ニシムイそば」さんだったのだが
な〜〜んと定休日・・・(-_-)

次回は是非チャレンジしたいニシムイさんなのである

関連記事

COMMENT 0