FC2ブログ

沖縄-2

不思議なホテルだ。
とにかく落ち着くのだ。
一般的にはカウンターには若いおねぇさんかお兄さんがいるものだが、ここDeigoHotelは初老のおじぃが笑顔で迎えてくれる。もちろん若い方もおられるけど決まってこのおじぃなのね。

131101_60デイゴHotel

131101_61DeigoHotel.jpg


2日目は久高島へ渡ろうという予定。
10時過ぎの船に乗るべく早めのチェックアウト。
久高島は「沖縄の始まり」と云われる島で・・・(詳しくはこちら

台風が近づいて来ているので船が出るのか心配になり電話してみる。
やはり予想通り10時半の1便だけ出るには出るが戻ってこないと云う。
生活物資を運ぶだけなのか、宿泊客を渡すだけなのか
とにかくこれで久高島行きは夢と消えた。
実は前回もフラれてるので二度目の敗退。

それではと、未経験だというふたりを「斎場御嶽」で降ろし我々は知念岬へ向かった。

131106_4知念岬2

131106_5知念岬

131106_3知念岬

遠く霞んで久高島が見える。
行けないもどかしさが憧れへと変わる。





14時着でやって来るH氏を迎えに行くという使命があったので
そのまま南へ移動して真壁ちな〜で昼メシを食べる事にした。

131106_6真壁

戦禍を免れ残った古民家(公民館)をそのままお店にされていて
今ではちょっとした観光ルートになっていたりもする洒落た佇まい。
なのでよそに比べると割高感は否めない。
まぁそれが沖縄。

131101_65沖縄そば


その後はお決まりのルート。
真壁から北へ数分の「白梅の塔(白梅学徒隊)」へお参りをして
※ここはひめゆりの塔と違い観光地化されてないので
地元のおばちゃん達もいなければお土産売り場もなく
たまに訪れる観光客と出会うのも稀だ。
そんなところなので自ずと背筋が伸びて神聖な気持ちになる。


そしてそのまま北上して「海軍司令部壕跡」経由で那覇空港へ。
壕跡の丘からは那覇港や市内が一望できる。
台風27号の影響かとてつもなく風が強かった。
131106_7海軍司令部壕から

H氏が乗った飛行機は1時間ほど遅れて到着。

彼を乗せた車は当夜の宿泊地である瀬底島の「ゲストハウスALOALO」へ。

瀬底島は本部港の目の前の島で10年前くらいにデカい橋が架かり車で移動できるようになった周囲7kmほどの小さな島。途中頓挫したリゾート開発計画のコンクリート残骸群が痛々しい場所もあったりするが、基本的には南の島の長閑さが残る沖縄チックなビーチも楽しめるなかなかグッドな島なのだ。

<ALOALO>
131106_9ALOALO.jpg

<ALOALO2階から瀬底大橋を望む>
131106_15瀬底大橋

ALOALOは瀬底大橋を渡って100m。
夏はダイビングをする人達が連泊するというリーズナブルな民宿。
一泊二食付きで4500円という信じられない値段なのね。


沖縄家庭料理をつまみながらORIONビールがすすむのでありました。
刺身はかなり大味(^^;)
131106_8ALOALO_201311060802016b5.jpg


2日目END
関連記事

COMMENT 0