FC2ブログ

君はナチュラル

青山繁晴氏が小郡にやってくるという情報をキャッチしたのが今月中旬のこと。
氏のブログに「まだまだ200枚ほど売れ残っている」と書かれていたので
それから2〜3日後、主催者に電話を入れてみた。

氏のブログの影響だろう、完売したらしく「チケットはありません。当日券がだせるかどうか、、、」
との冷たい返答。
お電話ありがとうございます。のひと言もない。

で、当日本番10分前に裏口から入ったのですが(^^;)
客席を見て唖然!!!
通路にも人が溢れ、補助椅子は出てるし、花道にも人が座っている。
消防法にひっかかるぞ!ってくらい入ってる。
まぁ会館サイドからクレーム入らなかったので問題ないんでしょ(笑)

14時過ぎから始まった会は16時半を過ぎても終わる気配無し(^^)
次の予定があったので後ろ髪を引かれながら会場を後にした。
内容はいつもYouTubeで観ているものと同じラインだったが
生の迫力!言葉がストレートに伝わってくる。いや伝わりすぎか。
よかった、よかった。
トラで田川へ走ってくれたM社K氏すまぬ!
それとFEの皆様ごめんなさい!こんな事してましたm(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母のタンスや押し入れなどを整理していたらこんなものが出てきた。
何とタンスの下敷きに使っていたようだ。
スコッチ
カミさんが燃やそうとしていたのを慌てて阻止して写真に留めた(笑)

「君はナチュラル」
そして
「I LOVE YOU」なのだ。
髪型もなかなか。
目線も良い。
若い人が見ても違和感なし。
ホントかいな(笑)

8月3日。
当時(1981年分)のスケジュール帳を捲って確認してみたが「水の祭典」と書いている。
てことは前年の1980年ということになる。
31年前。
わたし21歳の夏。懐かしい、、、

Scotchは地元久留米出身でゼウスというバンドだったか、そこのボーカルだったような記憶。
いや、ゼウスの前身のバンドだったか、、、記憶は曖昧だ。
で、デビューはしたもののヒット曲も出ず、すぐに地元に戻り酒屋さんで働いていた。
最近、時々おじさんバンドで歌っているのを見るとやっぱ音楽は趣味が一番だと思う。
今の商業的になりすぎた音楽業界は演る側からするとまったく面白くない。
面白いのはそれを取り仕切っているヤツらだけだろう。


昭和50年代初期の新聞も下敷きになっていた。
今の新聞に比べ(と云っても新聞はとってないが)書き口調が柔らかいし意図的な云い回しが少ない。
景気が良いと細かい作為は必要ないという事かもね。

あの頃は、、、と あと何回思い出しながら歳を重ねていくのだろう。
たぶん人間がこれまで幾度となく繰り返してきただろう事。

関連記事

COMMENT 3

Xさん  2011, 05. 30 [Mon] 22:13

No title

懐かしいな^^君に君に君にナチュラル♪ 都倉俊一さんだったっけ^^

Edit | Reply | 

ゲンキスト  2011, 06. 01 [Wed] 11:10

No title

市民会館のオープニングは紙製のピラミッドを突き破って登場...
懐かしいですな〜。
私達も夢と希望に燃えとりましたね。。

Edit | Reply | 

管理人  2011, 06. 03 [Fri] 07:16

Re

◉げんきすとさん

よく覚えてますねぇ。
歳取ると昔の記憶は鮮明にって言いますので、ご用心(笑)

◉ゲストさん

へぇ〜
都倉俊一さんだったんですね。
ってことは、アイラブユーも作家さんかな?

Edit | Reply |