FC2ブログ

麺家さくら(日田市)

先月初めの日田現場の裏方さん打ち上げで日田へ。
亀山公園横にある創作系イタリアンレストラン。

オーナーシェフの井上さんは日田の人らしく
大人しそうに見えてすごいエネルギー溢れる方。
イタリアへ2年間修行に出ていたとの事。

5月のパーティの料理はこの店のものでしたが、
晴天(30度近い)の屋外という悪条件の中
300人近いお客さんを何の問題もなく
スムーズに対応されていたのには驚きました。

写真はございませんが全てがとてもうまかった。
肝心の店の名前も横文字で覚えてません(笑)

と、ネットで調べてみたらこんな店でした。

TORTUE&APE(トルテ&アーペ)
◎住所:〒877-0074 大分県日田市中ノ島町168-2
◎TEL:0973-28-5534
◎営業時間:11:30~13:30(L.O) 18:00~22:30(L.O)
◎定休日:月曜日・第2日曜日


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で、翌日。
宿泊した山陽館を後にし、かんぽの宿でくつろいでいると
日田の石ちゃんコト川津くんから電話。
「昼飯でも一緒しましょうよ」とのこと。

彼のお薦めのうどん屋さん「麺屋さくら」へ。

130617_1麺屋さくら外観

お昼時で先客多し。
店内は入ると中央にデカいテーブルが鎮座し
軽く10名以上は座れそうなサイズです。
それを囲むようにL字型に小上がりがあり
4名掛けの飯台が4つほど配置されていた。

基本の<かけうどん>は320円。
やはり久留米と比べるとやや高めではある。
130617_7基本メニュー


130617_4さくら店内

うどん専門店ということで「そば」は無いとの事。

130617_3さくらメニュー

130617_2さくらメニュー


で、筑後人の定番「ごぼ天うどん|450円」

130617_5ごぼ天と稲荷

たぶん打ち立ての生麺から茹でてるのでしょう
提供までに20分近くかかりました。
おかげで?ゴボ天は揚げたての熱々サクサクでした。

麺は四国讃岐風の腰があってツルツル&モチモチ系ですが
もう少し茹で時間が長い方が個人的には好みです。
最近讃岐系のうどん店がどこへ行っても増えてきておりますが
やはりうどんというモノその土地々々に根付いた味があるはずで
どこへ行っても讃岐系では面白みも感動も半減するものです。

昔から食べられてきたその土地での味を踏まえつつ
新しい味に挑戦していく事こそ大事な部分だと思うのです。

たぶん九州で食べられていた昔からのうどんは
茹で置きのヤワ麺とお袋特製の昆布と煮干し系の出汁
こんな感じではないかと勝手に決めたりするのです。




日田ICからは車で5分くらいでしょうか。
130617_6さくら地図

麺家さくら
住所:大分県日田市山田733-2
営業時間:11:00~17:00(麺が終わり次第閉店)※日曜営業
定休日:毎週火曜日(祝日の場合は次の平日)
関連記事

COMMENT 0