FC2ブログ

新春関東編(その3)

<20日>


まぁ最終日は帰るだけなのでサラッと。

次女の職場つながりってことでキリンビール横浜工場見学に行ってみた。
京急線「生麦」という駅で降りる。
駅周辺で朝飯でもと考えていたら駅の廻りは夜の店だらけで静かだ。
11:30の予約にはまだまだ時間があったので周辺を散策。

「そば」の看板を発見し入ってみたら、、、
「いらしゃいまぇ〜」大陸系のおばさん2名(笑)

<肉ネギそば>
130121_1そば

ネギが超辛ネギだったところをみると韓国系の店なのかもしれない。

カミさん注文<春菊うどん>
130121_2うどん




ビール工場まで歩いていたらこの通りが旧東海道だと知る。

130121_4旧東海道

130121_3旧東海道


そして石碑があり「生麦事件」があった界隈らしい。
薩摩藩士が英国人を斬り捨てた事件でこれをきっかけに薩英戦争が勃発。
詳しくはWikiでどうぞ・・・
薩摩だから出来た事だろう。当時の薩摩は幕府でさえ手を焼くくらいの軍事力を持っていたらしいのだから、薩摩藩士の士気の高さは相当なものだったと推測する。


工場見学したあとはお決まりの試飲タ〜イム!

130121_5試飲

2杯目は黒ビール。
130121_6黒ビール

3杯OKなのですが酔いたくなかったので2杯で引き上げた。

16時の飛行機にはまだまだ時間があったので何の脈略もなく京急線「蒲田」で下車してフラフラと街を徘徊する。するとなにやら気になる店が、、、食べログでチェックすると新潟発のラーメン店らしい。こりゃ食べておくべきと入店。ふたり待ち人がいたがすんなり入れた。

券売機で「中華そば」730円を購入。
背脂がウリらしく量を選べるようになっている。
もちろん「小脂」
130121_7潤背脂

隣に座った若いカップル。男の子は「大脂!」と元気良い。

そしてもう一つのウリが麺の太さ。
お箸もどんぶりも普通サイズでこの状態です。
麺を啜るという感覚ではなく喰らうという感じで「食べてる」感は強大。
喰っても喰っても減らず途中負げそうになるがどうにか完食。
岩のりとタマネギの感触はなかなか良かったです。
130121_8潤麺

しかし後から座ったお兄さんは「固麺!脂多め!ネギ多め!」
この麺を固麺で食うとはなんたる暴挙(-_-)
しかしヤワ麺にしたところで何も変わらないような気がします。

しかしなんですなぁ、14時半過ぎという中途半端な時間にかかわらずの出入り(20席ほど)の客を見ると、人の多さは商売上魅力でしょうなぁ・・・。下町的な蒲田でさえ通りの人の多さはやはり都会でしたもの。

こぢんまりとした駅前商店街はほとんどの店が普通に営業されています。田舎のシャッター通り商店街と何が違うのでしょうか? 一つだけ云えるのは、買い物をする人に限らずその街に住む住人の高い確率で電車が移動手段になっているだろう事。郊外型大型ショッピングセンターは車ナシでは現実的ではありませんからね。しかしそうは云っても電車や地下鉄の充実度がなせる都会の論理でしょうなぁ・・・。



ってことで麺に始まり麺で終わった新春関東旅行ですが今年も麺づくしな年になる事は間違いなさそうです。バスガイドスとの北海道ツアーも話に上がっていますので北の大地麺ツアーも乞うご期待ください。



最後までお付き合いくださりありがとうございましたm(_ _)m
関連記事

COMMENT 0