FC2ブログ

選挙はあるけれど

特定の支持政党はないが、ここ20数年の政治には辟易するものがある。
 もちろん龍馬の時代からお金に魂を売ったやつらがこの国を動かしてきたのであるが、それはある意味世界の自由経済主義と直結している。
 無いものを得るために働き、明日には憧れの生活が出来る、、、 
何事も進行中のうちは馬車馬のように働き続けても疑う事を知らない。

 詳しくは各人調べれば分かることですが「仕組まれた罠にまんまとはまった子分状態」が今の日本なのではないでしょうか。 経済発展し続けている時代は良かったのでしょうが、横ばいになった途端に官僚と政治家それにマスコミ(と、それを後押しする人たち)がピンハネしていた事が表に出始める。

本来ならクーデターのひとつも起こっても不思議ではないが60年かけて怒ることを忘れさせられた国民は行動を起こそうともしない。いやそれどころか目的を失った市民は、その分け前に預かろうという不届きモノをヒーローと崇めたりしている始末。
お金以外の価値基準を持たなくなった人が暮らす国など破滅の道を辿るに決まっている。 

もしかすると今がその時なのかもしれない。 

今回の総選挙では各政党の公約はアテにならない。 
当選して政権を握った瞬間、公約は無かったことになるからだ。
前回の選挙ではっきりしたことは「選挙の時は嘘を云ってもかまわない」と云うことで、民主主義の根幹を覆してしまった。もう何を判断基準にしてよいのか分からない。

いっそ選挙法を変えるか? そんな年の瀬の総選挙。
選挙カーで街がうるさい。
伝えたい事など何もないような名前の連呼。
もううんざりだ。

高校授業料無償化、高速道路はタダ、子供手当も支給します。 
いろいろあった雑居民主党。
いやいや無料にするのは議員報酬でしょ。 
お国のために働きたいという人が高額のギャラを頂いていては、戦争で亡くなった先人達に失礼というものです。彼らも給料は頂いていたかもしれませんがそれは命をかけた対価であって、それ以上でも以下でもないはずです。 
まぁそれ以上に儲かってた人たちが相互の国にいたってことが問題なんですがね(笑) 
まさか政治家や官僚に「お国のためなら明日死んでも悔いは無し!」なんてバカな人はいないとは思いますが(笑) 元来日本人は誠実で嘘や搾取を恥とし相手のことを思いやる心優しい民族だったはずです。 嘘に群がるお金の亡者に対して、嘘に気づいた人たちが「No!」という意思表示をするのが今回の選挙だと思います。 

 とは云え、多数決ってのもいいかげんなシステムだもんな。 選挙の前にこれだけは見ておきましょう! 竹原信一さんの記者インタビュー(こちら


関連記事

COMMENT 0