FC2ブログ

ラ・バスガイドスと諸々(その3)

<順番がテレコになってますので(その1)からお願いします>


さてさて昨夜のドンチャンも醒めやらぬ早朝と云ってもよいAM10時には一人の遅刻者も出さず全員ピシャッと玄関前に集合!奇跡です(笑)
でもこれが大人の旅というものです。
ダラッとしてそうで決めるところは決めるという まるでハイビスカスのステージのようなものです(爆)
この人達大丈夫なんかなぁと心配かけつつ「だって俺たち大人だもんねっ」てところが江戸人っぽくて心地よい。それがクール長崎&ハイビスカスなのであります。


で、そのまま宮崎へ向かうととんでもなく早い時間に着いてしまうということで、方向は逆ですが知覧の町へ向かうことにしました。
昔からずっと「行って手を合わせなければならぬ」と思い続けた町です。

鹿児島から知覧まで南へ25kmほど。下道でも1時間かかりません。
錦江湾沿いに10kmほど走りそこから山手へ入り30分ほどで知覧。

町中から2kmほど走った高台が当時知覧の軍事施設があったところで、そこに慰霊塔や慰霊碑そして特攻でお亡くなりになった先人達を奉る神社がふたつ。その横に「知覧特攻隊会館」という記念館がありました。

ここに立つと大刀洗とは違った感覚に、、、
知覧神社

これは小泉政権時代に寄贈されたものらしい。
新知覧神社

<平和会館>
平和会館

中は大刀洗平和記念館と大差ないが、ここから飛び立つ現実感がそうさせるのか、兵士の顔がとても清々しく感じてしまう。この感覚は間違ってないのだろうか?
それとこの敷地に入るとすぐに変な感覚になり、ここ数十年感じたことのなかった安らぎ感と安心感に支配され、おじぃさんやお祖母さんの膝の上にだっこされた子供のような懐かしい心休まる安堵感に満たされてしまいました。ここから飛び立った人たちは靖国に帰らずにここに戻って来られてるのでは?そう感じずにはいられない感覚でした。そして彼らを見送りこの地で命尽きた名も無き人たちもここにいるような気がしてなりません。


知覧をあとにし宮崎へ向かう車中。
みんなそれぞれの想いに馳せているのか、重たいけど心地よい空気感に包まれ誰も口を開こうとしません。ほとんど無言のまま宮崎へ到着してしまいました。こういう車の旅もいいものです。やはり日本人は時々歴史を見直す必要があるのでしょうね。

宮崎は泣き虫パンチの榎本氏へブッキングをお願いしましたので必然的に彼のホームである「WetherKing」でのライブになります。いやいやここのホールはでかい!スタンディングで300人は軽くはいるやろ?って広さ。で榎本氏に無理にお願いしたもんで「泣き虫パンチ2012ラストライブ」というタイトルでバスガイドスが対バン的になってしまいましたが全く問題ございません。

ちょっと過激なセットのPAでしたがリセットして問題なくリハーサル終了。
ミキサーは懐かしのヤマハPM3000。1985年発売のものですがめちゃくちゃ程度が良くメンテナンスも行き届いたもので持ち主の愛着感が伝わってきました。

HBCS

リハーサル終わりで宝来へ。
ここのラーメンは麺がめちゃくちゃ太くて柔らかいときててストライクなのです。

宝来

まずはハイビスカスから。
ハイビスカス

バスガイドス。
バスガイドス

広すぎて20数名のお客さんが壁際の席に座るもんだからステージ前はガランとしてて寂しい。やっぱかぶりつきで見てもらわないとノリも出てこないってもんです(^^;)

で、最後に泣き虫パンチ。
泣き虫パンチ
彼らは基本うるさめのロックなわけですが、最初に聞いた時から「優しさと寂しさ」を感じたバンドで、話してみると3人ともとても良いヤツでそのまんま人柄が滲み出てて、宮崎人のお人柄というのでしょうか奥ゆかしくて力持ち的な感覚ですね。しかし後日宮崎の音楽事情を聞いたら地元ではいろいろあるみたいです(^^;)

終わって榎本氏セッティングの「海援隊」って店で打ち上がり。
ツアー最終日ってこともあり反省会や今後の進むべき道など建設的な意見が飛び交い有意義な時間が過ぎていきました。結局寝たのはAM3時はかるく回ってましたとさ(笑)


歌姫さよちゃん熱望の「チキン南蛮」
海援隊・チキン南蛮

創作鶏刺しと鍋の鶏ミンチ(どちらも激うま)
刺身とミンチ

飲み放題付きで2500円とは安すぎる!
これまで飲み食いしてきたところは何だったんだ?


翌日は雨。
福岡空港へ戻るだけ。
それも夜の便20:45発。
高千穂経由で阿蘇まわりの観光をという目論見はすぐに却下され宮崎ICから高速。
80〜90kmで走り休憩を頻繁に取ったのに16時前には付いてしまった。
出発ロビー前で荷物を下ろし各人と再会を誓いつつ別れを告げ久留米を目指したのであります。

高速道路からの夕やけ雲がやけに綺麗だったのも印象的でした。
夕焼け雲


ラ・バスガイドス&ドライバーズ
これからも益々進化していく事と思いますし、精力的に活動して行かれることと思います。
街のお祭りやイベント関係、慰安旅行の夜の宴会、九州各地温泉廻りは理想型です(笑)
そんな皆様のご協力ご鞭撻を願いつつ筆を置きたいと思います。
最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m 

そして今回の旅でお世話になった各地の皆々様方ほんとうにありがとうございました。
またお願いしますよ〜〜〜!!

2012.11.30
関連記事

COMMENT 0