FC2ブログ

イコライザー

イコライザーなる機器がある。
業界的にはEQなどと云ったりする。

英語圏で「Equalizer」
中国語では「均衡器」


出てるとこを引っ込めて
引っ込んでるところを出してあげて、
いやっ出すことはあまりないか、、、

でそれは「ワン・ツー」など自分の声でだったり
聞き慣れた音源を流しながらだったり、、、
ホールの音響特性とスピーカーから出る音を調整するわけだが
これにはかなりフラットな耳が基本になる。
が、フラットな耳とは何だろうか(笑)

なので、、、
最近はPCの力を借りて自動的に修正したりする。
しかしこれも良いのか悪いのか
補正された音を聞いてみても
心地よい空間だとは云い難いのである。
やはり何事にも加減というものが必要なのだろう
コンピューターが決めた平衡は機械的というか
「これが完全なのだ!」と押しつけがましい、、、(^^;)


で、何が書きたかったのかと云うと

JSTはかなりデッド(残響が少ない)な空間だ。
壁に貼った杉板の響きも気に入っている。

先日アマチュア劇団の発表会があった時(その場にいなかったが)
通常使っているTAD+JBLのシステムは使わずに
YAMAHAのコンパクトスピーカーでやったらしい。

翌日、TAD+JBLから音を出してみたところ、、、
「なんじゃこりゃ?」

低域が少なくまったくTADの音じゃないし、JBLも嫌らしくザラつき気味。

あららまたサンクラちゃんご乱心かと思ったが、、、

いや、待てよ。
もしや、、、とEQを見てビックリ!

dbxEQ

400Hzからブーストしはじめて
1.25kHzと1.6kHzあたりをピークに
20kHzまでだらだらとブーストされていた。

PA関係者でなくとも
どんな音が出ていたか簡単に想像出来ると思う。

この世にどんな劣悪なスピーカーがあろうとも
ここまで補正が必要なものは無いと断言できる。

あぁそれなのに、、、
カタログ写真に出てきそうなこの美しいカーブは何なのだ?
子供の悪戯か?
それとも逆にこんなフィルターが入ったお耳の持ち主か?
理解に苦しむのである。


まぁ通常乗り込みしたら、EQ触って良いかホールの担当者に確認し
許可が出たとしても、触った後は元の状態に戻すのが基本というか常識だろ。

まぁ基本(常識)を知らない素人のおかげでブログネタになったけど(笑)
このお方、このEQ他人に見られて恥ずかしいとは思わないんだろうね(爆)
「どうだ!!」ってか(笑)
関連記事

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【イコライザー】
  • イコライザーなる機器がある。業界的にはEQなどと云ったりする。英語圏で「Equalizer」中国語では「均衡器」出てるとこを引っ込めて引っ込んでるところを出してあげて、いやっ出すこと
  • 2012.06.20 (Wed) 16:50 | まとめwoネタ速neo